ミネラルウォーター・温泉水の月のしずくは、定期宅配がお得
ロングセラーのミネラルウォーター 月のしずく

電磁波プロテクト スピノル SPINOR
プロ・アクティブ独自輸入商品 電磁波プロテクト スピノル

月のしずくキャンペーン
ゆの里キャンペーン:月のしずく化粧品割引&プレゼント

カテゴリー一覧

メーカーから探す

営業日カレンダー

営業日の15時までのご注文は、翌営業日より順次出荷予定

2019年 08月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
休業日
2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
休業日

メディア掲載

カート内、会員画面など全てのお客様情報は、SSL暗号化通信によって保護されます。

 

滋賀麻

江戸時代から伝統の「近江の滋賀麻」を現代に

江戸時代、中山道六十六番目の宿場町として栄えた愛知川(えちがわ)宿。

江戸時代から近江上布をはじめ麻織物で発展してきた土地では、その原料を大麻から苧麻(ラミー)・亜麻(アマ)に変えて麻織物文化を継承しています。

麻糸は糸切れを起こしやすいことから綿織物のように高速で織ることができないうえ、つきっきりで糸を調整し、切れたらつなぐという手技が必要。そのため、一日に織れる量は他の繊維と比較にならないほど少量です。

機械式の織機を駆使しながらも、要所では今もなお熟練の職人の手技で手間ひまと愛情をかけて麻生地づくりは行われています。

この土地でつくられる麻生地「近江麻」の最大の特徴は、綿のちぢみ(クレープや楊柳とも呼ばれる)と違い、使い続けても「しぼ」が半永久的にとれず、肌離れのよいさっぱりとした質感を保てること。

今は、化学繊維や加工方法でひんやり感を出す寝具がでていますが、麻は古来より日本の夏を支えてきた天然の接触冷感素材です。綿のように水分を溜め込まず、吸湿放散性に優れているので、湿度の高い日本の夏にとても適しています。

冷房を15分ほど直接この寝具にあて冷やしておくと、そのあと冷房を切っても2度ほど体感温度が違います。夏は暑さもさることながら、冷房に一晩中当たり続けたり、氷枕で冷やしすぎたりして体調を崩すことも…。

ほどよく涼をとる昔の人の知恵に思いを馳せながら、現代の日本の夏の過ごし方を見直していきたいものです。


特長の「しぼ」は熟練職人の手間ひまと愛情の結晶。

鈴鹿山脈の伏流水と琵琶湖が生み出す湿潤な気候が、麻づくりに最適。

恵みの水で洗い上げた麻は、竹竿で時間をかけて乾燥。


総1件 商品の並び替え:[新着順] [価格順]
  • 1 近江・滋賀麻の「涼しくて、洗える寝具」

    近江・滋賀麻の「涼しくて、洗える寝具」

    30,780円〜

    肌離れのよい爐靴椨瓩ほぼ半永久的につづく職人技の麻の伝統の技+特許技術により、家庭で洗える涼しい寝具
     

ページトップへ